読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある教育学徒の雑記

脳裏の落書きの保管場所

自らを表現するということ

個人的に専門外の内容で今最も熱いテーマが「自他はどう表象されるか」である。我々は実に多くの表現手法を持つが、それらは果たして自らを正しく表しているのだろうかとかそこら辺である。

 

実を言えば、「アイデンティティ」について書いたり、「言葉」について書いたりするのもこの問から発せられるところが大きい。「自分ってなんだよ」「お前ってなにもんだよ」という問いに答えたくてたまらないのである。しかしこれほど困難な問いは少ない。「死後ってどんなもん?」くらいに難しい問いである。

 

自らを表現する方法は大別して2つ有ると考える。1つは「言葉」を用いる方法であり、もう一つは「芸術」をメディアとする方法がある。それぞれの表象の手法と問題についてそれぞれ備忘録的に考察していきたい。恐らく以前のポストを読んでいただかないと理解不能であるし、以前のそれを読んでいただいても意味不明であろうが許して頂きたい。ここは脳裏の落書きである。

 

 

「言葉」を用いた自己表現に関しては以前真剣に書いたので繰り返しになるから切り口を変える。言語については大別して2つタイプがあり、一つは自己の理解のために表現される「私的言語」であり、もう一つはコミュニケーションの手法として話される「公的言語」がある。「理解は言語的であるか」なんて問いを自分で立てて行き詰まっている真っ最中なので全く筆が進まないが、この2つのタイプに立脚する限り、「自己表現」は非常に曖昧な立ち位置に立つことが分かる。すなわち、自己を表現することは、「自己」について自己理解を促すという意味で至極私的な言語で語られるものであり、他者に対して自己を表象させるという側面から見れば公的性に志向した言語で語られるということである。

 

先ほど「理解は言語的であるか」という問いを発したが、これが「言葉」を用いた自己表現最大の問題であるようにも思う。自己理解のために、あるいは自己表現のために発話された「言語」はそれ自体一対一対応で表し得ないはずの自己を「表現」したことになる。言い方を変えれば、コミュニケートの手段としての「言語」は公的性を有するがゆえにある程度普遍的であり、自己表現で表象された「自己」は普遍化され自己という特殊性を喪失することになる。真に自己の今と言語の一対一対応に志向した私的言語で為された自己表現は、恐らく我々にとって、あるいは未来にあってそれを見返す自己にとって理解不能であるから、原理的に自己表現は言語を以っては行い得ないことになる。恐らく具体的な「理解」の過程は言語的であろうが、様式はそれではないのであろう。

 

論があまりにも霧散しているから具体例を用いて整理する。そうでないと後から自分で読んでもわからない文章になってしまう。

 

例えば私が今「嬉しい」という単語で表現されるに近い感情、「a」という感情を有していたとする。「私は今嬉しい気持ちです」と今の自己を表現するとそれはすでに、普遍性を有した「嬉しい」という言語観念の中に自己の現在の感情、「a」を押し込めて閉まっていることになるからそれは表現しえたと言い切ることはできないだろう。あるいは「私は今aという気持ちです」と表現したらどうだろうか。恐らく画面の向こうのあなたにも、未来の自分も理解できない表現に成り下がってしまうだろう。あまりいい例えではないが、言語は「自己」を正しく表象しえないということはお分かりいただけるかと思う。

 

言語表現の可能性を見るとすれば、逆にこの普遍性と特殊性の相違にあるとも言える。曖昧な「語感」のあやをたどり、その網の目の上に自己を定立させてしまう表現がある。言葉が直接的に示す意味だけではなく、言葉の選択や語順で包括的に今の自己を包み込み、特殊な「自分」の感情を他者や自分自身に想起させる手法とも言える。私は以前一人で夢想している時、これこそ「文学」的表現であると一人合点していたのだが、やはり自己表現というものは芸術をメディアとしなければならないのかもしれないと思うと絶望する。

 

さて、続こう。次は「芸術」をメディアとする手段である。先ほどの文学もそうだが、「工芸」「美術」「音楽」等を依枝に自己を表現することもあるいは可能である。美術であれば、表現する像の示すもの、色合い、構図、像そのものなどから総合的に自己の思考を他者に想起させることが可能であるし、音楽であれば、曲選、歌詞、声調・曲調などから自己を想起させることが可能である。いずれにせよ、直接的に「自己」を表現するのではなく、芸術というメディア(媒体)を通じて「自己」を他者に想起させる手法である。

 

この手法には2つの問題点がある。一つには万人には行い得ないという点である。メディアを用いて自己を想起せしむる所業は、想起の方向性について知悉するとともに、適切なメディアを準備しうる高いセンスが必要になる。次に、直接的ではないということからくる自己表現の限界である。相手が想起した「自己像」が正しく自己とイコールであることはありえないし、場合によっては素っ頓狂な理解もされかねない。自己表現の手法として重要であるが不完全であることに変わりはない。

 

 

どうやら自己表現は無理という結論に達してしまった。私は自己承認欲求の権化であるから、自己をどう他者に正しく理解させるか躍起であるのだがその努力は全て無駄であるらしい。僅かに可能性があるにしてもそれにはあまりにも偉大なセンスが必要であり、あいにくそんなものは持ち合わせていない。何とも鬱々とした考察結果だがこれで終えたいと思う。